おすすめの恋活アプリ

恋活のはなし

ネットで恋活

フェイスブックを利用した恋活体験談

投稿日:

体験談1:フェイスブックでスペイン人の彼ができた

私は大学生のときからずっと結婚願望があったのですが、25歳のときに「本当に結婚したい」と思える人に出会いました。彼も私と同い年でまじめにお付き合いしていました。付き合い始めて1年経ったころ、急に「お前とは結婚できない。。30歳までに結婚したいし、そう思える相手を探したいから...。」と突然言われて頭が真っ白に。

いろいろ話し合いましたが、結局彼は性格が頑固でゆずることなく私のもとから去っていきました。

それから2,3か月後新年を迎えました。私は何か新しいことを始めて彼の事を忘れたいと思い始めていました。ふと、大学時代にスペイン語に興味があり勉強していたのにもかかわらず、結局お金が貯められずスペインに語学留学しなかったことを思い出したのです。それは大学時代にやり残したことだったのです。

スペイン留学について真剣に考え始めました。費用はいくらかかるか、社会人で仕事をしているのに会社に何と説明したらよいか、実家で一緒に住んでいる両親に何と言えば良いか...。
どうしてもスペインに行って勉強しなくてはいけない理由があるだろうか、駅前留学ではだめなのか、スペイン語を習得できたとしてもその後役に立つだろうか。何日も自分の中で自問自答する日がありました。

スペイン留学について情報収集しながら、スペイン語を再び勉強し始めました。大学で学んでいたとはいえ、もう5年も前の事でほとんど忘れていましたが、独学で文部科学省認定のスペイン語検定を受けることを一旦の目標にしました。

またそれと同じ時期に、スペイン人の友達ができたら会話の練習になるし、スペインに行ったときにガイドになってくれるのではないかとフェイスブックでスペイン国内に住むスペイン人を探し始めました。

ほどなくしてフェイスブックを通じて、何通かメッセージを受け取りました。

しかしそのほとんどが日本語混じりで明らかに性的に興味を示したメッセージだったので友達にはなれそうにないなと感じました。その中に唯一全文英語で書かれたマドリードに住む方からメッセージを受け取りました。相手の顔はわからなかったのですが、ひとまず自己紹介として返信しました。

次の日、個人のメールアドレスに相手から返信がありました。それはやはり英語で書かれていて、マドリードとバルセロナはどう違うか、外国人は多いかといった私の質問に一つずつ丁寧に回答された文章でした。私が返信すると、その次の日もまた長い文章で返信してくれました。こうして日本のこととスペインのことをお互いに教えあい、気付くと数か月の間、毎日とだえることなくメールを送りあっていました。

私たちはその時から直接会ってないのに好きになっていたようです。私はスペインに行きたいという気持ちが固まっていました。「やらずに後悔するならやって後悔したほうがまし」というモットーと、結婚したらできないかもしれない貴重な経験だと家族や会社に説明し、納得してもらうことができました。でも何より私の中で彼に会ってみたいという気持ちが強くなっていたのです。

インターネットでの出会いから約4か月後、私たちはマドリードで初対面しました。お互いとても緊張していました。私は文面でしかあったことない男性、しかも外国人に会うのは正直不安もありました。でもその少ない時間を一緒に楽しんで過ごしました。初対面のその日から私たちは付き合い始めました。楽しい時間はあっという間で、お別れの日がきました。

空港では本当に別れを悲しんだのを覚えています。この恋愛は続くだろうか、私が出国審査場を通ったら急に違う現実が待っているんじゃないかと...。

不安と楽しさが混じりながらも4年間、遠距離恋愛が続きました。お互いの国を訪れるたびに再会の喜びと、空港での別れの寂しさを何度も繰り返しました。離れている間、本当に寂しくて辛いこともあったけど、彼はいつも私の話を聞いてくれました。私も彼のことを信じ、いつか一緒に暮らせる日が来ることを願っていました。

今年12月、4年の遠距離恋愛を乗り越えて晴れて入籍することになりました。あのとき自分がスペインに行く決心をして本当に良かったと思っています。

体験談2:フェイスブックで近寄られて、初めは嫌だったけど・・・

フェイスブックをしているのですが、ある日、友達の友達から友達リクエストがきました。どんな人か知らず、見たことも会ったこともない人でしたが、一応友達にそんな人がいるぐらいの認識はあったので、友達承認しました。

その時はそれキリで、こちらも仕事が忙しく、フェイスをチェックすることもなければアップすることもなく時間が過ぎていきました。

半年ぐらいして、時々その方からメールが来るようになりました。失礼にならない程度にたまに返信していましたが、興味はありませんでした。もっと言うと、不信感がありました。

どんな人か知らなかったので、この人は不特定多数に友達リクエストを送りメールを送り、返信してきた女性を捕まえて相手を探しているのだろうかと思いました。
もしそうであれば、そんな人の相手なんかしたくありません。女性という枠の中から選ぶように見え、正直嫌悪感すら感じました。

ところがある日、それまでもメールにはほとんど返信していなかったのですが、とても丁寧な感じのメールがきました。内容は、特に何かスゴイことが書かれていたわけではありません。
簡単に言うと、もしイヤな思いをさせてしまっていたら申し訳ない、という感じの内容でした。私がずっと無視していたからだと思います。ただそのメールの書き方がとても誠実で、その時はじめて、この人はもしかしていい人かもしれない、と思いました。

そのメールの書き方に、人を見た感じがしました。その日を堺に、こちらの対応も少しずつ変わってきました。メールが来たらきちんと返信するようになりました。
少したって、イロイロ話すようになり、オンラインですが会話するようになりました。そうしているうちに、向こうは私のコトを見たことがあり、少しはこちらのことを知っていたことが判明しました。それで、少し気分がホッとしました。ネットで声を掛けまくって恋人を探してると思ってたので。

そうこうしているうちに、一度会いませんか、ということになりました。

オンラインでは簡単に自分の正体をごまかすことができます。ありのままの姿よりよく見せることもできます。さらにネット上ではすぐにロマンスが生まれます。なので現実で会っている人たちよりもネット上の恋人のほうがウエートが大きくなり、仕事や家族が二の次になってしまいます。

私たちは早々に会うことにし、顔を合わせました。フェイスで相手の写真は見ていたものの、会った時はまるで初対面の全く別の人に会った感じましたしました。今思えば、付き合いは直に顔をあわせて会った時にはじまりました。それまでは相手の男性に似た、別の人とやり取りしていた感触がします。
今でもお付き合いは続きうまく行っています。

異性とのおすすめ出会いサービス

異性と出会うにはいろいろな方法がありますが、当サイトではそれぞれの方法で、もっともおすすめのサービスを紹介したいと思っています。

実際に出会えるランキング1位:PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
インターネットの出会いは、「出会える系」と「出会えない系」に良く分類されますが、出会える系として最大手のPCMAXです。 まっとうな商売で大きくなってきていて、女性会員だけでも100万人以上。全国に登録者がいます。 フェイスブックを登録しなくて良いので、最近はやりのSNS連動から距離をとっているイメージです。 SNSやってない人には超おすすめ。 そのため、気軽に始められるってメリットが大きいサービスですね。

フェイスブックを活かした真面目系:ペアーズ

pairs
フェイスブック認証を活かした安心系の恋活サービスです。 婚活用にも利用する人がいるように、真面目な出会いを求めている人に向いています。 不倫目的など遊び相手を探そうって人には向いていないので、利用しないでください。 サービス画面が使いやすいって意見が多くて、ストレスなく利用できるサイトです。

街コンするならecle(えくる)

えくる
合コンはしばらく行っていないと、また誘われるようになるまできっかけが必要。 しばらく合コンに行ってないな~なんて人には、街コンを全国100か所以上で頻繁に開いているecleは、出会いのきっかけに良いサービスです。 街コンは、普段と違う雰囲気で異性と接することが出来るので、良い出会いに繋がりやすいです。 出会いのきっかけにするだけでなく、合コンのきっかけぐらいな気軽な気持ちで利用してみてください。

-ネットで恋活

Copyright© 恋活のはなし , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.