出会いのチャンス|バイトとアプリを利用した出会い

恋活のはなし

*

このサイトは男女の恋愛の機会が広がれば良いと思って運用されているサイトです。

 

25歳から29歳で異性と付き合ったことが無い人の割合は、女性が約30%、男性が25%であることが第14回出生動向基本調査によって明らかになりました。

同じ調査で、異性との恋愛経験がないのが20歳から24歳では男女ともに約40%であることから、20代前半から後半までの5年間で新しく恋人ができる人の割合は決して多くないことが分かります。

この調査から、もてる人は決まっているなんてひがむ人もいるかも知れません。が、多くの人からモテるというのならまだしも、一人の恋人を得ることは不特定多数からモテまくるのとは違う話でしょう。

一人の恋人得るには、外見や経済力よりも、出会いのチャンスがあるのか、ないか、の方が大きな影響を与えます。

出会いのチャンスは、その人の行動パターンの左右しています。

今回は、恋人ができるようになるための行動パターンをまとめます。

恋人ができにくい行動パターン

始めにダメな例として、恋人ができにくい行動パターンを見てみましょう。

休日に外出しないで家にばかりいる

出会いがないと嘆いているのに、毎回同じパターンで行動しては変化はありません。

なかでも最悪なのは家にばかりいることです。

家にいれば不快なことは起こりにくいですが、逆に出会いのチャンスもありません。

家にいても出会えるのはネットやアプリを通じた出会いくらいでしょう。

外に出て、いろいろな人と出会うきっかけを作ることが出来れば、出会いのチャンスは広がります。

相手への理想が高い

せっかく出会いのチャンスがあっても、相手に収入や容姿など高い条件を突き付けてはなかなか恋人はできません。

人間は欠陥があるものですし、完全な人などいないでしょう。

相手の悪いところより、良いところを見ることがはるかに大事ですし、人生も豊かになります。

ダンスやマリンスポーツなどを趣味にしている人を軽薄そうといって敬遠したり、読書や将棋が趣味という人を暗そうって言って敬遠するようでは、なかなか相手は見つかりません。

自分の知らない趣味や特徴を持つ相手にも、良い部分を見つけるようにした方が良いと思います。

顔が広い友達がいない

積極的に合コンやクリスマスパーティーなどをセッティングしてくれる友達がいれば、出会いのチャンスは転がってきます。

反対にそういう社交的で顔が広い友達がいなければ、出会いのチャンスは少ないでしょう。

顔の広い人が身近にいたら、積極的に仲良くなりましょう。必ず出会いのチャンスに繋がります。

不機嫌そうにしている

不機嫌そうなオーラを発している人には、誰も近づいてきません。

異性はもちろん、間接的に出会いのきっかけをくれる同性からも敬遠されるでしょう。かりに忙しくても常に笑顔でオープンな姿勢を取っていれば、周囲に人が集まってきます。

職場などでは、軽く見られないようにするためか、やたらと強張った表情をしている人がいますが、出会いという面ではかなり損をしていますし、仕事にもいい影響はないでしょう。

出会いをチャンスの広げ方

ここからは出会いのチャンスをどのように作っていけばよいかを述べていきます。

異性と会うにはどうすれば良いかという点に着目してまとめているので、ご自分に合う方法を実践してみてください。

バイトやサークルに入る

これは大学生など学生向けの方法ですが、アルバイトを始めるのはかなり効果的です。

このサイトのメインテーマもバイトを通じた出会いですが、一緒に働いて、コミュニケーションをとりながら共同作業をするというのは、異性と親密になるチャンスなのです。

学生のバイトは、違う大学の学生や年上の異性とも出会えるチャンスであり、出会いのチャンスが大きく広がります。

同じような性質にあるのが、大学生のサークル活動です。

王道は軽めのテニスサークルですが、オールラウンドなども出会いのチャンスが多いサークルです。

また、女性なら体育会のマネージャなーなども良いでしょう。男女比率の違いから、女子マネージャは貴重でモテまくります。

反対に男性は体育会に入ると、モテの観点からは不利になりやすい。ただ、友人ができる、体を鍛えられるので社会人になってからモテやすいなどのメリットはあります。

合コンに積極的に参加する

出会いといえば、間違いなく合コンは最強です。交流を広げるため、などとうそぶく人もいますが、普通は出会い目的に男女が集まるからです。

稀に、大学生の時は良く合コンに行っていたのに、SEなど内向的な人が多い会社に就職してしまったため合コンに行かなくなる人がいます。これは非常にもったいないです。

恋愛したい目的の男女が、ほぼ同数で集まる機会というのはほとんどなく、間違いなく最強の出会いの場です。

異業種交流会、社会人サークルに入る

朝活などで有名になりましたが、異業種交流会は別会社の人とも知り合える良い出会いの機会です。

あまり意識高い系の人がいない、まったりと勉強できるような会が良いでしょう。

たまに、異業種交流会に見せかけたマルチ商法の場合があるので要注意です。マルチは恋愛を餌に近づく場合があるので、危ないと思ったら躊躇なく交流を断ちましょう。

また、社内に良い人が多い会社なら、社内の社会人サークルに入っても良いでしょう。社内サークルでも社外のサークルと交流があることが普通なので、交流の輪が広がります。社会人サークルをきっかけに合コンが開かれるケースは多く、恋人を作るきっかけになりやすいです。

バーに行く

バーの種類にもよりますが、客同士が交流しやすいスタイルのバーに飲みに行くのも良いでしょう。

お酒が入っているため、男性が積極的になっており、女性に声をかけやすいです。

管理人の個人的な経験では、普段おとなしい男性が、バーで隣り合った女性にマジックを披露する、なんて現場を見たことがあります。

客同士で打ち解けられれば、今後のデートなどにもつながりますし、いきなり恋人同士になることもあり得ます。

バーでなくても、小規模なカウンタースタイルのフランス料理店なども、客同士がコミュニケーションを取りやすく仲良くなれます。

近所や職場付近に良さそうなカウンタースタイルのお酒メインの料理屋があれば、試しに行ってみても良いでしょう。繰り返し通っていると意外と知り合いが増えます。ただ、よほど社交的な人以外は一人だと交流しにくいので、二人以上で行く方が発展しやすいと思います。

相席屋スタイルの飲み屋

飲食のみを目的に来る女性がいる、サクラがいるなど評判が悪化している相席屋ですが、出会いのチャンスとしてもまだ使えると思います。

時間制限のある空間なので、自然と外の店にも連れ出しやすく、今後の関係進展が期待できます。

習い事を始める

ヨガや料理など習い事は共通の趣味に繋がり、相性の良い相手に出会いやすくなります。

週1回など定期的に顔を合わせることで親密度が増していきます。人間は心理的に何度もあっている相手に好意を持ちやすいので、心理的にもおすすめの出会い方です。

習い事は自分磨きにもつながります。料理などは鉄板ですが、絵画など芸術色が強い習い事でも意外と良い出会いの場になります。

スポーツジムに通う

定期的に顔を合わせることが出来るのはスポーツジムも一緒です。

このメリットを活かすためには、始めはあえていろいろな時間に通ってみて、異性が多い時間を把握したら、なるべく同じ曜日の同じ時間帯に行くべきでしょう。ほとんどの人は時間に制約のある中でスポーツジムに通っているので、同じ日に行くことが多くなります

スポーツジムは健康的で引き締まった体系を維持しやすくなるので、モテやすくなるというメリットもあります。

インターネットやアプリなどで出会う

インターネットやアプリを使った出会いは、これまで挙げてきたような出会いのチャンスがない人には、おすすめの手段です。

インターネットを使った出会いも現在ではずいぶんメジャーになって、出会い系サイトだけでなく、恋活アプリやモンハンなどゲームが出会いの場になることもあります。

Copyright© 恋活のはなし , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.